Fresopiya
場所にもお金にも時間にも、何にも縛られない自由な状態になったら一体人間は何をしてどこに向かうのか。

まずはとにかく自由を目指すエンジニアのブログです。
「哲学」と「プログラミング」と「政治経済」、「ブログ」がメインになるかと。
Swift

【Swift】Swiftとは?

どうも、とがみんです。

この記事では、iOSアプリの開発に使用する「Swift」という言語の特徴について紹介していこうと思います。

Swiftとは?

「Swift」はiOS、macOS用のアプリケーションを開発するためのプログラミング言語です。

2014年に一般に発表された、比較的新しい言語で、「速い」、「素早い」、「迅速な」といった意味があります。

Swiftは、Appleが提供している、「Xcode」という開発者向けのツールを使用するため、それが動作するMacPCが必要です。

Swiftの特徴

「Swift」の特徴について書いていきます。

現代的なコードの書き方

Swiftは、プログラミング言語の最新の調査と数十年のApplePlatformの構築経験に基づいた言語になっています。

コードをわかりやすく表現するために、データの型推論、メモリの自動管理のためセミコロンを入力する必要がないといった、様々な特徴を持っています。

>Swift 4
The powerful programming language that is also easy to learn.

高い安全性

「Swift」は、以下のような特徴があり、高い安全性を実現します。

  • 変数の初期化の強制
  • 配列、数値型のオーバーフローの検査
  • 意図をコードに反映させる構文(var、let)
  • デフォルト状態で、オブジェクトがnilにならない。
    Swiftではデフォルトでオブジェクトをnilにすることができません。

    nilを使用した際、コンパイルエラーとなり、コンパイラの処理が停止します。

これらにより、App実行時のクラッシュ、不具合を防止することができます。

>Swift 4
The powerful programming language that is also easy to learn.

高速なパフォーマンス

Swiftで作ったアプリケーションは、より高速なパフォーマンスを発揮します。

「Objectve-C」よりも最大2.6倍、「Python2.7」よりも最大8.4倍だそうです。

>Swift | Apple

Swiftの需要

Swiftの需要について。

2018年の求人検索エンジン「スタンバイ」調べによると、「Swift」の年収中央値の順位は第8位になっています。

求人数も比較的多い方だと思います。

Swiftが2014年に発表されてから、たった4年で、上位に食い込んでおり、急成長している言語なのではないかと思います。

また、2018/11/10のSwift4.2.1のリリースに続き、2019年初頭にSwift5のリリースが予定されています。

これから期待できる言語の1つだと思います。

>What’s new in Swift 5.0

まとめ

Swiftというプログラミング言語について説明してきました。

参考文献

>Swift | Developer

>Swift (プログラミング言語)

>Swift | Apple

>What’s new in Swift 5.0