Fresopiya
場所にもお金にも時間にも、何にも縛られない自由な状態になったら一体人間は何をしてどこに向かうのか。

まずはとにかく自由を目指すエンジニアのブログです。
「哲学」と「プログラミング」と「政治経済」、「ブログ」がメインになるかと。
JavaScript

【JavaScript】JavaScriptとは?

どうも、とがみんです。

この記事ではJavaScriptとは何かについて紹介していきます。

JavaScriptとは?

「JavaScript」は、Netscape Communications 社が開発したプログラミング言語です。

Webページでよく使われ、ブラウザ上で動くスクリプト言語としてよく知られています。

また、2010年以降は、Node.js等サーバーサイドJavaScriptの実行環境や、ライブラリの充実によって、ブラウザ上だけでなく、非ブラウザー環境に置いても使用されています。


スクリプト言語:事前にコンパイルを必要とせず、実行時にスクリプト(ソースコード)をインタプリタが解釈して実行するタイプのプログラミング言語。
コンパイル:ソースコードをコンピュータ上で実行可能な形式に変換すること。
インタプリタ:ソースコードを逐次解釈しながら実行するプログラム。

JavaScriptでできることの例

フォームのチェック

フォームでデータをサーバに送信する前に、入力されたデータのチェックなどを行うことができます。

ちゃんとデータが入力されているか、入力されたデータに誤りがないか(メールアドレスに@が含まれているかどうか等)をチェックすることができます。

Webページの動的な動きを実現

Webページのマウスの動きによってデザインを変更させたり、クリックにより画像等に動きをつけたり、テキストの文字抜き出し、変更等もすることができます。

その他にも、お絵かきツールが作れたり、リアルタイムで更新されるグラフをかけたりあらゆる動きをWebページに実現することができます。


Cookieの処理

Cookieの作成や読み込みを行ったりすることもできます。サイトで登録したIDやパスワード、ページを閲覧した時の日時や回数を記録したりします。

Cookie:閲覧しているWebサイトから、スマホやPCに保存される情報のこと。ユーザーのブラウザとWebサーバ間で特定の情報のやり取りをするファイル。

>Cookie(クッキー)とは | 仕組み・用途・危険性・削除方法を解説【Chrome/iPhone】

その他にも、サーバーサイド側での処理等JavaScriptでできることはたくさんあります。

まとめ

JavaScriptとはどういうものかについて紹介しました。

参考文献

>開発者向けのウェブ技術|MDN web docs