Fresopiya
場所にもお金にも時間にも、何にも縛られない自由な状態になったら一体人間は何をしてどこに向かうのか。

まずはとにかく自由を目指すエンジニアのブログです。
「哲学」と「プログラミング」と「政治経済」、「ブログ」がメインになるかと。
Git

【Git】バージョン管理システムGitを扱うための前準備

どうも、とがみんです。

以前の記事で、Gitとはどういうものか、どういう仕組みなのかということについて紹介してきました。


この記事では、実際にGitのシステムを扱うために必要なサービスについて紹介します。

GitHub,Bitbucket,GitLab

GitHubBitbucketGitLabは、Gitの仕組みを利用して、ソースコードの管理や、それを世界中の人々に対して公開できるようにしたサービスです。




そして、これらは、Gitのシステムを扱う上で、「リモートリポジトリ」の役割も果たします。

以下のサイトにそれら3つについての比較が詳しく書かれているので参考にしてください。


ちなみに、とがみんは利用ユーザーが最も多い、「GitHub」を使っています。

GitHubは最近無料でソースコートをプライベート(非公開)にできるようになったので、

少人数で使う場合は、どれを使っても大差ないので、最も利用者の多いGitHubおすすめします。



チームで使う際は、使用人数によって値段が変わってきたりするので、比較に関する記事を参考にしてください。

SourceTree

「SourceTree」はGitの操作をするためのGUI(グラフィカルユーザーインターフェース)です。

これをインストールすると、Gitも同時にインストールされます。



このSourceTreeを使わなくても、ターミナルでGitをインストールし、それをターミナル上で操作することもできるのですが、

「SourceTree」を使用した方がわかりやすいのでおすすめです。

これを利用して、以前の記事で紹介した、commitpush等の処理を行っていきます。

まとめ

バージョン管理システム「Git」を利用するにあたって、準備することについて紹介しました。

何か不明点等あればご指摘いただけると嬉しいです。