Fresopiya
場所にもお金にも時間にも、何にも縛られない自由な状態になったら一体人間は何をしてどこに向かうのか。

まずはとにかく自由を目指すエンジニアのブログです。
「哲学」と「プログラミング」と「政治経済」、「ブログ」がメインになるかと。
Git

【Git】GitHubで複数人でリポジトリを共有する方法とクローンについて。

どうも、とがみんです。

コードを書く際、複数人で作業する事も多いかと思います。

1つのリモートリポジトリを複数人で共有する場合、

そのリモートリポジトリのオーナーは、その他の人がそのリポジトリにアクセスできるように招待する必要があります。

この記事では、リモートリポジトリを複数人で共有する方法について紹介していきます。

GitHubで複数人でリポジトリを共有する方法

まず、共有したいリポジトリを選択し、Settingタブを選択します。その後、左側のCollaboratorsを選択すると、以下のような画面が表示されます。

リポジトリを共有したいユーザーを検索し、 Add collaboratorボタンを押します。

招待された側にメールが届きます。承認すれば、Collaboratorsとして追加されます。

招待された側はリモートからローカルリポジトリへクローンする

次に招待された人は、リモートリポジトリにあるデータをローカルリポジトリにダウンロードします。

この操作を「クローン」と言います。

リモートリポジトリのURLをコピーし、以下のNew > Clone from URLを選択します。

以下のような画面が表示されるので、クローンするURL、どこに保存するのかを指定し、Cloneします。

以下のような画面が表示されるので、クローンするURL、どこに保存するのかを指定し、Cloneします。

Cloneを押すと、リモートリポジトリから、その内容がダウンロードされます。

「招待した側」と「招待された側」のSourceTreeの管理画面を比較したものが以下です。

招待した側のローカルには、以前の記事で、developブランチを作成したのでそれがあります。招待された側のローカルにはmasterブランチのみです。


また、招待された側にはorigin/HEADというブランチがリモートにある事になっています。

このHEADは、リモートレポジトリのデフォルトのブランチを指すそうです。

>gitにおいて、リモートリポジトリのHEADは、何のためにあるのでしょうか?

まとめ

リモートリポジトリを複数人で共有する方法について紹介しました。

何か、不明点、疑問点等あれば、ご指摘いただけると嬉しいです。