Fresopiya
場所にもお金にも時間にも、何にも縛られない自由な状態になったら一体人間は何をしてどこに向かうのか。 まずはとにかく自由を目指すエンジニアのブログです。

哲学とプログラミングとブログがメインになるかと。
Git

【Git】プルリクエストとは?その解説とその方法。

どうも、とがみんです。

チーム開発をする際に、コードレビューをしているでしょうか?

この記事では、コードレビューに関する、プルリクエストの作成方法と、レビュー方法について紹介していきます。

プルリクエストとは?

「プルリクエスト」とは、開発者のローカルリポジトリで加えた変更を、他の開発者に知らせ、レビューしてもらう機能です。

レビューしてもらう事によって、一人では気づく事の出来なかったコードの記述ミスやバグに気づく事ができ、

コードの品質を高める事ができます。

レビューした人は、そのコードに問題なければ、margeし、本流のブランチにコードを組み込んだりします。

プルリクエストの作成方法

プルリクエストのやり方について説明していきます。

作業手順については、前回の続きから説明していきます。


一旦、招待された側で、ブランチを作成します。

招待された側で、ブランチをgitTest2とし、Create Branchを押します。

その後、Pushボタンを押し、リモートリポジトリに反映させます。

Githubを確認すると新しいブランチができている事が確認できます。

また、以下のように、SourceTree上でも、リモートにgitTest2ブランチができたことが確認できます。

次に、gitTest2ブランチにチェックアウトしている状態で、gitTest.htmlファイルを以下のように追加します。

その後、ステージングcommitします。

そして、以下のように、pushボタンを押し、gitTest2ブランチのみを選択します。

push後、SourceTreeのHistoryを確認すると、リモートリポジトリのgitTest2ブランチにのみ、変更が反映されている事がわかります。

次に、gitTest2に反映させた変更をmasterブランチmargeする前に、このリポジトリのオーナーに「プルリクエスト」を送ります。

GitHubに移動し、以下のNew pull requestを選択し、プルリクエストを作成します。

以下のように、gitTest2を選択し、gitTest2の内容をmastermargeするリクエストを作成します。

リクエストする際のコメントを記述し、変更箇所を確認したら、Create pull requestボタンを押します。これで、プルリクエストが完了します。

プルリクエストのレビュー方法

次に、プルリクエストを受けとった側のレビューの仕方について説明していきます。

GitHubのリポジトリに移動し、Pull requestのタブを選択後、レビューをするリクエストを選択します。

その後、File Changeタブを選択し、変更を確認します。

変更箇所を確認後、Review changesボタンを押し、リクエストに対するコメントをします。

Commentは、軽微な指摘やちょっとしたコメントの場合に使用し、

Approveはこれで問題ない!という場合に使用します。

また、Request changesは修正依頼で、これがついた場合は、リポジトリオーナーか、管理者しか、margeできなくなります。

レビューが終了したら、Marge pull request ボタンを選択し、margeします。これで、リモートのgitTest2ブランチの内容が、リモートのmasterブランチに反映されます。

まとめ

プルリクエストの作成方法や、プルリクエストのレビューの方法について紹介しました。

何か不明点等あれば、ご指摘いただけると嬉しいです。

参考文献

>プルリクエストとは?|サルでもわかるGit入門

>GitHubでのプルリクエスト活用方法まとめ