Fresopiya
場所にもお金にも時間にも、何にも縛られない自由な状態になったら一体人間は何をしてどこに向かうのか。

まずはとにかく自由を目指すエンジニアのブログです。
「哲学」と「プログラミング」と「政治経済」、「ブログ」がメインになるかと。
プログラミング

【Python】スプレッドシートを操作するライブラリ「gspread」の使い方まとめ

どうも、とがみんです。

この記事では、PythonでGoogleスプレッドシートを操作するにあたって利用するgspreadの使い方についてまとめていきます。

Pythonでスプレッドシートを操作する前準備に関しては、以下の記事を参考にしてください。


「gspread」に用意されているメソッドについて簡単に紹介していきます。

「gspread」の使い方

Googleスプレッドシートを操作するライブラリ「gspread」の使い方について紹介していきます。

スプレッドシートを開く方法

以下のコードにより、スプレッドシートの情報を取得します。

スプレッドシートのキーは以下のスプレッドシートのキーと書かれている部分の文字列で、URLは以下全体です。

https://docs.google.com/spreadsheets/d/スプレッドシートのキー/edit#gid=0

スプレッドシートを作成する方法

以下のコードでワークシートを作成することができます。

titleでワークシートの名前を指定し、rowscolsに行数と列数を指定します。

ワークシートの選択方法

スプレッドシート内のワークシートの取得方法についてです。

get_worksheet()の引数には、ワークシートのインデックスが入ります。

「0」では「シート1」、「1」では「とがみん」のワークシートを取得します。

また、以下のように書くと、全てのワークシートの情報を配列として取得します。

ワークシートの作成・削除方法

del_worksheet()メソッドで、ワークシートの削除を行うことができます。

newWorksheetには、「とがみん」というワークシートが入っているので、以下のコードで、それを削除することができます。

セルの値を取得する方法

セルの値を取得するメソッドについてです。

以下のコードでは、セルを指定し、その値を取り出しています。

しかし、上記のコードだと、スプレッドシート 上で関数が使われていた場合、その関数ではなく、その関数の結果を取得してしまいます。

以下のように、value_render_option=’FORMULA’を指定することによって、スプレッドシート上に書かれた関数をそのまま取得することができます。

以下のコードは、それぞれ「行の取得」、「列の取得」、「すべてのデータを取得」のコードです。

セルの検索

セルを検索する時は、find()またはfindall()を使用します。

find()の場合、最初に検出したセルの情報のみ格納しますが、findall()検索する値にマッチするセルの情報を全て取得します。

セルへの書き込み

以下のコードはB1の位置にとがみんと書き込む、(1行,2列)の位置にとがみんと入力するコードです。

また、以下が、セルの値をまとめて更新する方法です。

まとめ

PythonでGoogleスプレッドシートを操作するにあたって利用するgspreadの使い方についてまとめました。

参考文献

>gspread|Python

>More examples of gspread usage

>gspreadライブラリの使い方まとめ!Pythonでスプレッドシートを操作する