Fresopiya
場所にもお金にも時間にも、何にも縛られない自由な状態になったら一体人間は何をしてどこに向かうのか。 まずはとにかく自由を目指すエンジニアのブログです。

哲学とプログラミングとブログがメインになるかと。
Ruby on Rails

【Ruby on Rails】Helperとは?その役割・使い方について

どうも、とがみんです。

この記事では、Railsで美しく見やすいコードを書くためによく使われる「Helper」というものを紹介していきます。

Helperとは

「Helper」とは、Viewをよりシンプルに書くためのモジュールです。

Viewでの共通する処理をメソッドとして定義し、簡単に使いまわせるようにした機能です。

Helperを利用することによって、繰り返し記述するような処理を簡略化することができ、開発効率を高めてくれます。

以下のコードはリンクを生成するHelperです。

Railsにはその他にも、ボタンやフォーム等を作成するためのHelperが多数デフォルトで用意されており、また、Helperを自作することもできます。

Helperを上手く利用することによって、コードを簡略化でき可読性が高まります。

Helperの作成

実際にHelperを作成します。

Helperモジュールはapp/helpers配下に用意されています。

application_helper.rbには、アプリケーション全体に渡って使用するHelperメソッドを定義し、

user_helper.rbは、user配下のみで使用するHelperを定義します。

user_helper.rbに以下のようなサンプルメソッドを作成します。

Viewを表示する画面で以下のようにコードを記述すると、helpertogaminメソッドが呼び出され実行されます。

「とがみんHelperサンプル」という文字列が表示されました。

まとめ

Ruby on Railsにおいて、コードを綺麗に見やすくするための「Helper」について紹介しました。

Helperを利用することによって、繰り返し記述するような処理を簡略化することができ、開発効率を高めてくれ流ので、意識して使っていきたいです。

参考文献

>Action View フォームヘルパー|RAILS DUIDES