Fresopiya
場所にもお金にも時間にも、何にも縛られない自由な状態になったら一体人間は何をしてどこに向かうのか。

まずはとにかく自由を目指すエンジニアのブログです。
「哲学」と「プログラミング」と「政治経済」、「ブログ」がメインになるかと。
政治経済を考える

【Libra】Facebookが発表した暗号資産「Libra(リブラ)」とは?その特徴を解説。

どうも、とがみんです。

2019年の6月18日に、Facebookが暗号資産「Libra(リブラ)」を発表し、様々な期待が寄せられる一方で、マネーロンダリング等の犯罪に利用されるのではないか等の様々な懸念もあります。

この記事では、暗号資産「LIbra(リブラ)」について、その特徴について簡単にまとめていきます。

暗号資産「Libra(リブラ)」に関する懸念点や現状の動きは以下の記事にまとているので、そちらも参考にしてください。


暗号資産「Libra(リブラ)」とは?

暗号資産「Libra(リブラ)」とは、世界最大の交流サイトを運営するFacebookが作成する仮想通貨のことです。

このLibraのミッションは、多くの人々に力を与える、「シンプルで国境のないグローバルな通貨と、金融インフラになること」、そして、それにより、世界中の人々がより良い生活ができるようになることだと、以下のホームページに記載されています。



暗号資産「Libra(リブラ)」の主な特徴としては、「素早く安価な送金と決済」、「価格の安定」、「個人個人で簡単に資産の保管・管理が行える」といった特徴があります。

それぞれについて具体的にまとめていきます。

「Libra(リブラ)」の特徴

価格が安定している

「Libra」は、「ビットコイン」や「イーサリアム」と違って、その価値を裏付ける資産があり、価格が安定します。

ビットコインや、イーサリアムなどは、その価値の裏付けとなる資産がないため、価格が何倍にもなることもあれば、急落することもあります。

その価値は、ビットコインや、イーサリアムに通貨の価値があると信じている人がいることによってその価値が保障されるため、それらの価値は取引市場に参加している人の需要と供給によって決まります。

しかし、「Libra」は、ドルや円といった、法定通貨をその価値の裏付けとするため、価格が安定します。

利用者は、ドルや円、様々な現地通貨でLibraを買い、スマホのアプリに貯めることができ、反対に、Libraをドルや円に両替することができるような仕組みになっています。

ちなみに、リブラとの交換によって集められた資金は、低リスクの資産に投資され、その利子がリブラの収入となり、リブラの発展やリブラ協会の運営に使われて行きます。

素早く安価な送金と決済が可能

現状、一般的な国を超えた決済は、複数の銀行を仲介するために、完了までに3〜5営業日かかり、そのコストも高くつきますが、「Libra」を利用することで、具体的な数値は公開されていませんが、送金の速度や、手数料が安くなると言われています。

また、ビットコインは価格の乱高下が激しく、決済手段としてあまり使われてきませんでしたが、「Libra」は、法定通貨を価値の裏付けとしているため価格が安定し、決済手段としても期待されています。

画像:Welcome to Libra

銀行口座がなくても、スマホがあれば送金・資産の管理保管が可能

「Libra」により、スマホさえあれば、銀行口座がなくとも、送金や資産の管理を現金以外で行うことができます。

ブロックチェーン技術により、取引内容の改ざんが極めて困難となり、仲介する第三者期間が必要なくなるため、銀行口座がなくとも、P2Pで取引が可能となります。

P2P:中央サーバーを用意せず個々の端末(Peer)が互いに信頼し合うことで成立するネットワークのことです。

現状、世界人口70億人のうち、約17億人の人が銀行口座を持っておらず、これは地球全体の31%におよぶと言われています。

日本人だと、簡単に銀行口座を作ることができるため、あまりイメージできないかもしれませんが、もし銀行口座がなければ、お金を貯めておく場所もなく、他人への送金もできません。

銀行口座がなければ、送金の際は現金を持ち運ぶ必要があり、資産の管理も現金でする必要があるため、盗難に会う恐れもあります。

「Libra」によって、銀行口座をもたなくとも、スマホさえあれば、送金や資産の管理保管を現金以外でも行うことができりようになります。

Facebookとは独立したLibra Associationが運用する


「Libra」に対する懸念点

上記のように、暗号資産「Libra」によって、様々な便利な状況が生み出されるといった期待がある反面、あらゆる懸念が存在します。

  • マネーロンダリングなどの非合法な活動を助長
  • 世界経済、既存金融システムへの打撃
  • セキュリティ対策
  • プライバシー問題

暗号資産「Libra」の懸念点に関する様々な意見については、以下の記事に詳しくまとめているので参考にしてください。

まとめ

Facebookが発表した、暗号資産「Libra」について紹介してきました。
金融業界に新たなイノベーションをもたらすと期待される反面、まだまだ多くの懸念点があるようですが、

過去の歴史の流れをみたときに、金や銀から貨幣に置き換わる際も、金銀を担保に紙幣が発行され、徐々に紙幣に価値が認められるようになり流通していったように、

Facebookが発表した「Libra」も、紙幣を担保に暗号資産「Libra」が発行され、徐々に「Libra」という実態のない仮想通貨に価値が認められ、流通していくのではないでしょうか。

紙幣が金と切り離され、その通貨の発行権を持つものが経済をコントロールできるようになったように、

もしかしたら、将来「Libra」も法定通貨と切り離され、「Libra」を管理する組織に全世界の経済をコントロールできるようになるかもしれません。

歴史の流れも感じ、個人的には今後どのように歴史が動いていくのか楽しみです(笑)


参考文献

>Libraが期待されるのには理由がある、ほかの暗号通貨にない特別な特徴とは?=シバタナオキ
>libra White Paper
>Welcome to Libra